メンタルケアカウンセラー通信講座

メンタルケアカウンセラー資格の受験資格と受験日と受験内容

メンタルケアカウンセラー資格の受験資格と受験日と受験内容

メンタルケアカウンセラーは心理学に初めて触れる方に向けて、基本からカウンセリングについてまでしっかり学べる資格なのですが、試験はどのように実施されているのでしょうか。

 

一般的に資格はそれぞれの認定機関により試験が実施されており、まずは受験資格を満たした上で試験に挑むことになります。
受験資格とは例えば一定の学歴があったり指定の教育機関で講義を修了した場合に条件が満たされるもので、特に資格試験においては受験するための要件として細かく規定されています。
一方でメンタルカウンセラー資格の場合は一般的な資格とは少々事情が異なり、試験については実施されていません。
これは認定機関のメンタルケア学術学会の公式サイトにも紹介されているのですが、学会の認定教育機関で教育課程を修了した場合にはすぐに資格が授与されますので試験については存在せず、受験資格・受験日・受験内容などについては一切気にする必要はないのです。

 

ただここで一つ注意が必要なのは、メンタルケアカウンセラーは単に教育機関で学んだから資格が得られる訳では無い点です。
講義が行われる中では4回の添削課題が出されており、いずれも一定のレベルでクリアしない限りは資格を取得することができないのです。
つまり実質的には講義の中で試験が行われている事になりますので、課題を提出するタイミングが受験日であり、また課題で出される内容は受験内容にもなりますので、いずれも細かくチェックしておく必要があります。

 

この課題については学習の進み具合と連動して提出が必要になり、まずテキスト1ではカウンセラーに求められる傾聴姿勢や各種心理療法について学んだ後に理解度を確認するために確認レポート1を提出します。
続いてテキスト2ではフロイト・ユングなど心理学の歴史的発達の経緯について学び、記憶・錯覚・欲求のメカニズムや、コミュニケーションの基礎などを学んだうえで確認レポート2を提出します。
またテキスト3では感覚器を中心とした人体についてや心の病気などを学び、確認レポート3を提出します。
ここまでのレポートがいずれも合格したら最後に修了認定テストを受けることになり、合計で4つの添削課題はいずれも一定の成績を修めていた場合にメンタルケアカウンセラー修了資格認定証が授与されます。
受験日はテキストが1冊ずつ修了したタイミング迎えることになり、受験内容もそれぞれのテキストが範囲になりますので、学習内容を忘れないうちに課題に取り組むことができるためそれほど難易度が高い訳ではありません。

 

メンタルケアカウンセラー講座 メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアカウンセラー

を目指す通信講座

 

⇒ 無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケアカウンセラーメンタルケア心理士

の両方を目指す通信講座

 

⇒ 無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ