メンタルケアカウンセラー通信講座

メンタルケアカウンセラー資格の認定機関と資格の価値

メンタルケアカウンセラー資格の認定機関と資格の価値

メンタルケアカウンセラーの資格は将来的にご自身の生活や仕事に生かしたり、また上級資格を受験するための足掛かりにもなるのですが、どのような認定機関が資格を認定しており、また資格にはどのような価値があるのでしょうか。

 

まずメンタルケアカウンセラーの認定機関についてですが、メンタルケア学術学会により認定されています。
このメンタルケア学術学会は、NPO法人医療福祉情報実務能力協会の研究部会の一つで、学術団体として認定資格を持つ会員へ心理学に関するカウンセリング技術や更なる知識向上のために情報交流を図るなど、様々な活動が行なわれています。
メンタルケア学術学会が認定する資格は他にもメンタルケア専門心理士・准メンタルケア専門心理士・メンタルケア心理士・ペットロスハートケアカウンセラー・アニマルペットロス療法士なども含めて合計6種類が挙げられます。
特にメンタルケア専門心理士やメンタルケア心理士は知名度があり全国的に講座が設けている資格学校も多く、こうした専門性が高い資格に対してメンタルケアカウンセラーは初学者向けの資格と位置付けられています。
またメンタルケア学術学会は日本学術会議より協力学術団体として指定を受けていることから資格に関しては公的学会認定資格となり、第三者評価機関である生涯学習開発財団からも認定を受けています。

 

続いて資格を取得する上で気になる資格の価値についてですが、心理職には国家資格が無いことから民間資格の数が非常に多く、どれを取得したら良いかが分かりにくい状況があります。
特に初めて心理学を学びカウンセラーを目指したいと考えている場合は悩ましい所ですが、メンタルケアカウンセラーの場合は初学者向けに取得しやすい資格であることに加えて、認定機関には上位資格も存在しますので、ステップアップを目指す際に価値があるお勧めの資格です。
特にメンタルケア学術学会は内閣府の特別機関である日本学術会議の協力学術研究団体であることから信頼性が高く、第三者認定機関からも認定を受けていますので安心して学習に取り組むことができるのです。
ただ将来的に就職や独立開業を考えていた場合に、初学者向けの資格といった点でやや弱い部分もあります。
そのため上級資格を含めて取得することを考えておいた方がより高い価値を見出すことに繋がりますので、メンタルケア心理士やメンタルケア専門心理士なども視野に入れておくと良いでしょう。

 

メンタルケアカウンセラー講座 メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアカウンセラー

を目指す通信講座

 

⇒ 無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケアカウンセラーメンタルケア心理士

の両方を目指す通信講座

 

⇒ 無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ